2010年1月の記事一覧

即売れアイテムトラッカージャケット【VANQUISH】

秋冬ものでも瞬殺ペースで売れてたヴァンキッシュのトラッカージャケット。
今年の春夏も新作が出てます。

しかし、在庫なくなるの早すぎ!



まあ、見た感じからかっこいいアイテムですからねえ。殺到するのも無理ないのですが。。
この記事を書いてる段階ではすでにブルーは再入荷待ち、写真のブラックも即発送可能なのはSとMサイズのみ。

作りのいいのが売れてる理由。スタイリッシュだもんなあ。
みんな抜け目ナイですよね。

取り立ててメディアでクローズアップされてるアイテムではないのですが、多くの人が引き寄せられる引力があります。

なかなか渋谷系では珍しい例ですよ。

ヴァンキッシュの現在のアイテム

タグ

2010年1月31日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:アウター

常に独自路線【NO CROSSING】ノークロッシング

どんなカテゴリーにも縛られたくない、風にも見えるノークロッシング。
去年はロロピアーナの生地を使ってみるなど、「高コストであっても高い満足感」を提供しようとしているのかも。。
ちょっと他の渋谷系とは異なるカラーですね。
それが人気のワケ、なのかも。

大地氏、ちょっとスリム化したかも。


これは、現在先行予約中のサージ素材ののジャケット。

デニムではなくあえてサージ。ややワーク系でありながらエルボーパッチはチェック柄、と溢れるセンス。
チェーンストラップホルダーが裏側についてるとことか、アイディアも盛り込んでます。

独自路線でありながら、かなり着る人を選ばない守備範囲の広さも強み。
但し、お腹は出てちゃだめよ。。

ノークロッシングの現在のアイテム

タグ

2010年1月26日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:アウター

シャドーアーガイルという新境地【ルシクラージュ】

この秋冬も大人気だったルシクラージュ。予約完売や売り切れ多かったですね。
春物の予約が始まってますが目を引いたのが、ダークなアーガイルチェックのシャツ。


↑最近のあゆむん


渋谷系プレッピーを標榜するルシクラージュにしては、お兄系の色合いが強いかな、と一瞬思うのですが実はアーガイルでした、みたいな。

タイトフィットなのでスリム体型であれば、まあ多くの人が似合うんじゃないかと思いマス。
アーガイルってトラディショナル一辺倒な柄って訳でもなく、50年代不良系モチーフに使われる事もあるんで。

キレイ目でない、ちょっとワルいルシクラージュ。
魅力的でしょ?

ルシクラージュの現在のアイテム

タグ

2010年1月22日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:シャツ

シリアスでないサーフスタイル【Hurley】ハーレー

ハーレーは1979年にボブ・ハーレーさんて人が南カリフォルニアにサーフボードのショップを開いた事が始まりのブランド。
いわば本ちゃんのサーフブランドなのですが、ライフスタイル提案型というか「競技者のためでなく表現者のためのブランド」と自分でいってる様に、サーフィン無縁の人でも気負わずに着れるアパレルが特徴です。



これはダブルジップのパーカ。
パステルトーンのプリントがサーフ系らしい。

渋谷系ファッションにサーフ系は多いんですが、どうも物足りない。。って人にはこの手の本ちゃん系は響くんじゃないかな。
ヴァンキッシュの他のアイテムとの相性の良さも捨て難い。

見逃すべからず、デスよ。

ハーレーの現在のアイテム

タグ

2010年1月21日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ニット

カワイイ♪ってゆうな!のワーク系【ヴァロッシュ】

筆者は高校生の頃、ギンガムチェックのパーカを着ていて同級生の女の子に「可愛いね」と言われ
実に複雑な思いをした事がアリマス。。

狙ってないですから。。そーいう路線ゎ。。

ペン差しとかワーク系になってるのなら大丈夫だと思う。多分、、




ヴァロッシュらしい明るいアメカジをややワーク寄りに。
ちょっと着古した様なクタッとしたカンジがハマりがいのありそうなワークシャツ。

お好みで黒とかネイビーもあります。
赤が人気出そうですが。
カワイイっていわれない事を祈ります。

ヴァロッシュの現在のアイテム

タグ

2010年1月20日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:シャツ

素材とディティールにこだわる【VANQUISH】ヴァンキッシュ デニム(ストレート)

もともとヴァンキッシュの売れ筋アイテムにデニムはあったのですが、その進化に伴って必然的に素材や細かい作りにこだわったものが出来てくるってのはいわば予定調和かも。

一つの到達点になりそうな新作がコレ↓。



赤ミミのセルヴィッチデニムを使用した本格派。
従来の渋谷系の印象を覆す様な隠しリベット、ボタンフライのヴィンテージスタイル。

日本に根強いこだわりデニム人気に名乗りを挙げた形になりました。

この30年間で風化しなかったメンズファッションは実はトラディショナルではなく、デニムを含むワークとミリタリーである事を思えば,野心的なヴァンキッシュがそれにトライしようとしても不思議ではナイ。。
大きな波紋を呼びそうなヴィンテージストレートです。

ヴァンキッシュの現在のアイテム

タグ

2010年1月19日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:デニム

古着テイスト良好なシャツジャケット【SANFORD】サンフォード

サンフォードは、前世紀半ばの服を意識して作られており、渋谷系アメカジの中でもオーセンティックな雰囲気のものが多いのが特徴。



黒ちゃんこと黒田翔一朗氏が着てるシャツジャケットは、いわゆるC.P.Oシャツと言われるもので、もとは海軍下士官用のミリタリーウェア。
アメカジ好きな人にはいわば定番ウェアともいえますが、かなりのスリムスタイルが渋谷系たる由縁と言ってよさそう。

インナーにアウターにと使い回しも優秀。
こういう安心感がサンフォードの安定した人気を支えているんでしょうね。

サンフォードの現在のアイテム

タグ

2010年1月11日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:アウター

ノークロッシングとのコラボロンT【VAROSH】ヴァロッシュ

ヴァロッシュは他の渋谷系ブランドとのコラボが多いんですが、田中大地氏のノークロッシングともコラボしてます。



いろんな意味でこだわりを排した方向性を持つノークロッシングと、アメカジカラーの強いヴァロッシュの組み合せというのはある意味異色ともいえますが。

VネックのロンTにフロッキープリントというのがノークロッシングらしい。

アメカジとは本来ちょっとバタ臭いところが持ち味で、人によっては野暮ったく見えるのが逆に魅力だと思うんですが、これは丁度その逆を行くカンジですね。

期間限定でセール価格。
ちょっとコジャレてみるのも悪くない、って人に。

タグ

2010年1月10日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ニット

ボタンダウンでバイソン柄【ヴァンキッシュエレガンテ】

本来ボタンダウンシャツは、オックスフォードというコットンの(多くは無地の)生地で作られる保守的なデザインのシャツ。
いうまでもなく、ブルックスブラザーズが最初に発売した、いわば良家の子息風スタイルが始祖でありまする。

それをヴァンキッシュエレガンテが今日風に解釈すると、こんなカンジ。



ぱっと見は分かりませんが、なんとバイソン柄。
ショップにはブラックもありますが、むしろこちらのホワイトの方が知的な雰囲気があるかも。

通常、ジャンルの住み分けを考えると、レギュラーカラーかちょっと捻ってブロードのクレリックなんかが常套かもしれないのですが、あえてボタンダウンをもってくるところがすごいチョイス。

異なるジャンルの融合ってのがテーマになってくるのかもしれないですね。

タグ

2010年1月 9日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:シャツ

注目のストリートアイテム満載
↓【入り口】↓